小中学生プログラミング大会

2020年に義務教育でプログラミング教育が開始される予定となっています。
もう3年後には始まるので現在は色々なプログラミング教育をあちらこちらで始めているところもあるようです。
今プログラミング大会なるものが始まっているのでそれらに参加するのもいい経験になるでしょう。
応募期間は7月1日から9月15日までです。
同時開催でプログラミング教材体験コーナーがあるのでそちらに参加しても良いでしょう。

小中学生向け
初心者大歓迎のプログラミング
応募条件は日本在住の6歳以上15歳以下の小学生中学生
一人何作品でも応募ができます
グループなどで する場合は3名以下
この大会は小中学生たちがプログラミングで考えよう表現したり競ったりする大会になります。
プログラミングで色々なものを作成する力を身につけるために開かれています。
今回のテーマはこんなのあったらいいなというものです。

2020年からのプログラミング教育必修化について
なぜプログラミング教育の必修化の話が出てきたのか
文部科学省によりますと子供たちにコンピューターで処理を行う指示を体験させるということで将来 it 関係に就職できる家からプログラミング的思考を身につけてもらうために考えられています
日本では人口減少や少子化がかなり大変な問題になってきていますが it を駆使すればある程度の問題も解決に結びつき新たな雇用も生み出せビジネスも生まれると考えられています。
先進国の中でも日本はかなり高齢化が進んでおり他の国との競争に勝つためには it の技術を自分のものにすることが重要であると考えられたからです。

経済産業省が発表した調査資料によりますと2030年には79万人の it 技術者の不足が予想されるとされています。
このような調査結果もあり子供からプログラミングの教育を義務付ける動きになってきているのです。

現在の小学校
もちろん小学校ではプログラミング教育は現在行われていません
現在は算数国語社会をはじめとした各教科で情報の整理発信収集などをコンピューターで行う基本的なスキルを身につけることを教えています

現在の中学校
中学校では技術家庭科の情報とコンピューターという授業がありインターネットを利用したり情報モラルや基礎の勉強をやっています
プログラミング教育はコンピューターを利用した簡単なプログラミング学習を行っています
これは各教師の知識の大小によってかなり差があるのが現状です

これから必須かに渡りある程度パソコンになれることも必要ですし現在色々な会社からオンラインで学べる教材などが出ていますし書店などでも簡単にできるプログラミングの本なども出版されていますのでそういうものを使用して今から慣れていくと勉強が始まってもついていきやすいでしょう

小中学生向けのプログラミング学習D-SCHOOLオンライン(ディースクール)