プログラミング入門

プログラミングを学びたいのですが学んだらどんな事ができるんだろう
どんな言語を学んでいけばいいのかどうやって勉強していけばいいのだろうか
たくさんのプログラミング初心者からよく質問を受けるないようです 
現在では無料で学べる学習サイトや有料でもかなり分かりやすく学べるところが 増えてきました.
しかしどこを選べばいいのかどうやって勉強していけばいいのか途中で壁にぶち当たって挫折 しないで学習を続けるためにはどうすれば良いのか初心者にとっては大問題であります
そこでプログラミングをこれから学ぼうとする方が実際にどのような勉強でどのような仕事を目指すべきなのかをまとめてみました

プログラミングを理解しよう
プログラミングって実際はどういったものなのか
プログラミングを学ぶことで何ができるのか
プログラミングを使うことでどんなメリットがあるのか

それらを具体的に説明していきたいと思います
プログラミングには非常に多種多様な種類があり概要やその一個一個を完全に理解するのは時間がかかるのかもしれません。
その前にプログラミングは実際どういったものな顔わかりやすく説明していきます。

 

プログラミングを学ぶことで何ができるのか
プログラミングは無限大の可能性があります 。皆さんが通常 iPhone やスマホで見ているホームページもプログラムでできています。 しかしながら見ていたとしても作れるのは別問題です。 それらがどういった言語でできているのかホームページ以外のものは 何があるのかをわかる必要があります 。
まずプログラミングとは人間がやるのとは比べ物にならないぐらい処理スピードが速いです。計算などを高速で計算してくれる昨日があったり人間では1日で作業できない仕事量を一瞬でこなしたり大量のデータを分析したりその分析結果から資料を作成したりと 人間ではできないことができます。
プログラミングには 自動で作業してくれる機能があります。プログラミングを作成するとプログラミングが勝手に作業をしてくれ 例えば大規模な工場で自動でロボットが部品を組み立てたり部品を作成したりするプログラミングをロボットにインプットすることにより人の手を借りることなく自動で部品が作れます。
一度プログラミングを作れば全世界の人に同じデータを一瞬にして渡すことができます。
アプリケーションもプログラミングで作られています。
パソコン上で動くデスクトップアプリ Web 上で動く Web アプリスマホ上で動くスマホアプリなどがあります。
最近では人間型のロボット例えばペッパーというものも人間と話す機能がありますがそれも人間がプログラミングをしてロボットの中に対話形式のプログラミングをしているかなロボットとして機能しています。

 

ゲーム

皆さんが通常遊んでいるゲーム例えばポケットモンスターなど有名な家庭ゲームからパソコンのゲームなど 皆さんがゲームをやっているほとんどはプログラミングで作られています。

インターネット通販
Amazon や楽天などの通販サイトなどもプログラミングで作られています Web 上に商品やサービスをアップロードするだけでお客様が買いたい商品やサービスをクリックして購入することができます。

家電商品
家電の中にもプログラミングが導入されています最近ではスマート家電または医療用機械なども様々なプログラミングがされています。
炊飯器もどのぐらいの温度でどれぐらいお米を炊くと美味しくできるのかをプログラミングとしてインプットしてやりボタン押した外で美味しいご飯が炊けます。

管理システム

例えば宅配業界の管理業務もプログラミングでできています。どこの店舗何月何日に出発して何月何日に 到着し何月何日に配達された顔全て記録してやり注文した川や運送会社が確認することができます。

プログラミングスキルを自分のものにすれば大きなメリットがある
プログラミング仕切りを自分のものにすれば収入上がったり自分でアプリケーションが作れるようになったりすることで将来的に自宅で仕事が出来たり独立することが可能です。
現在 it 人材は不足していると言われています。一昔前に流行ったガラケーよりも今はスマートフォンが主流となり iPad Air iPhone などハイテク機械をみんなが使いこなす時代となりました。
2020年には it 人材が37万人不足するというデータがあります
2030年には it 人材が79万人不足するというデータもありますこれからは it 人材を目指しことで仕事がえられる可能性が高くなります。
it が発達してくると人工知能も同時に発達してきていますそのおかげで工場などでは全自動でロボットが全部仕事を作って ので作業員自体がどんどん減っていく可能性があります。
とにかく多くの職業が失われる可能性があるということも最近雑誌などでよく書かれています。
そして海外から安い労働者が日本に入国しています簡単な作業であれば外国人労働者で十分賄えるほどになってきています。
つまり誰にでもできる職業は日本人労働者は必要とされない時代もやってくるのでこれからプログラミングを学ぶことはかなり必要になることでしょう。

プログラミングが誰にでも勉強できる理由
プログラミングは難しそうと思っている方がたくさんいらっしゃいます自分は文系だから難しいとかパソコンを使ったことないから難しいだとか自分は主婦だから難しいと思っている方がたくさんいらっしゃいますが実際は誰でもできるということです。
最近ではオンラインでプログラミングを学べるプログラミングスクールもたくさんありますしそういったところで簡単に学ぶことができる環境があるので実際に試してみた方が良いでしょう。
エンジニアの不足やプログラミングの必要性が言われていますが 実際に初心者からプログラミングスクールで学んで就職に至ったケースも数多くありますし、主婦などが自分で勉強して仕事 もらってくるケースもあるので実際に勉強してみると良いでしょう。

プログラミング学習の全体を把握して今後のスケジュールを立てましょう
プログラミング学習において短期間で身につけられるものではありません教室などに通うと2ヶ月集中で勉強できたりすることもありますがオンラインで学ぶ場合や独学で学ぶ場合は空いた時間に学ぶことが必要ですが何を用意すればいいのかどれぐらい時間をかければといいのかが分からずじまいで途中で挫折する可能性が高くなります。
一般的に一つのプログラミング言語を完全に学ぶためには1000時間学習する必要があると言われます。
新しい靴もどんどん出てくるので学ぼうと思えばどんどん学べるのできりがないほど勉強する項目があります。
プログラミング言語も全世界に200種類以上あると言われています
最初は難しく考えるのではなく簡単にオンラインスクールで一度受けてみることをお勧めします。
オンラインスクールにはいろいろなカリキュラム教材なども揃っていてそれを一通り学ぶことによりまず一個何かを作り上げる できるでしょう。
WEBCAMP ONLINEの 口コミ、評価、Webデザイン
そういった成功体験をもとにだんだんジャンルを広げていくなどの方法で色々なことができるでしょう。
最初からすべてを学ぶことはかなり難しいのでまずは自分にできるところを一個ずつ積み上げていくことが必要です。

Webデザイナーとして就職するために必要なスキルと役立つ資格

Webデザイナーになりたいと言っても全く未経験から就職活動などをしても非常に不安がつきまといます。
就職に役立つ資格または役立つスクールなどどんな資格を取ってどんなスクールに通えば非常に就職 に効果的なのかいろんな角度から調査しました。  

まず会社側の面接官の意見
実際に企業に行ってデザイナーの面接をする担当官の意見を聞いてみるとそもそも資格が必要かどうかというのはその会社の方針や面接官の考え方によるものが大きいところがあります。
資格があるからと言って必ずしも合格するとは限りませんし過去の実績やスクールの種類によってもその企業がやっていることと合っているかどうか、その企業に就職して活躍できるかどうかを面接官は見ています。
初心者の場合はデザイナーとしての仕事への熱意だとか勉強した時の様々な方法などをお面接官はよく見ているのでその辺りも注意する必要があります。 

 

未経験者にとって資格を取るメリット
実務をやったことがないのであれば新しい職種にトライするのは以上に心配なことがたくさんあります。
資格を持っていれば面接の時にこんな四国思っていると言ったことが言えるでしょうし、同じ未経験者が同時に試験を受けた場合は資格を持っている方が当然実力があるものと判断される場合が多いので 資格を取るメリットがあります。
しかしながら技術はどんどん新しくなってきていますので技術を習得できる柔軟性、新しい技術にトライする意欲など他の方とは違った意欲があることをアピールできれば面接官の好印象になります。
面接試験の時に重要なことは気後れせずに堂々と自分の意欲をアピールすることが大切ですし、デザイナーの仕事はたくさん募集されているので前向きに色々受けてみると良いかもしれません。

どんな試験を受けた方が良いのか
試験を受けるためには勉強も必要ですし当然受講料も必要になってきます。
どうせ取るならできるだけ有利に働く資格を取った方が良いでしょう。
Web クリエイター能力認定試験
Web 業界で多くの受験生が試験を受けているので知名度は抜群と言えます。
Web 制作全般的なスキルや知識が必要になる試験ですので初心者はこちらを受けて自信をつけると良いと思います。
就職に有利かどうかといえば初心者向けということもあって有利とは言えないところではあります。
そういった場合は Web クリエイター能力認定試験を行けると良いでしょう。

ウェブデザイン技能検定
こちらは国家検定で栗の検定でやるというところは非常に信頼性があります。
一級二級三級があって難易度が少し高めです。

Web デザイナー検定
ウェブデザイン技能検定よりも実務に近い形の試験のため Web デザイナー専門学校などからも支持があります。
一級二級三級の試験がありますので自分の能力に合わせて受験されることをお勧めします。

色彩検定
文科省認定の試験になりますので Web デザイナー 業務を行う上は役立つ検定となっております。

Web デザインの初心者が間違いやすい場所
Web デザイン初心者は外見とか見た目を意識することが多いと思いますが Web デザインの本当の大切さは見た目だけではなく売上や成果につながるサイト作りに必要な能力が求められます。
いかにお客様のやりたいことを形にしてあげお客様の要求を十分満たしてあげることが必要です。
そのためにはコミュニケーション能力も必要になってきますので日頃から友人などが何を考えているのか何を望んでいるのかなどを考えながら生活すると良いでしょう。

美しいウェブサイトならば優れたサイトと言えるのか?
ウェブサイトなどですごく綺麗なデザインのサイトよくいますが綺麗なだけでは訪問したお客様に商品購入なの結果に結びつけることはできません。
売れるサイトにしたり成果が出るサイトにするということが重要なポイントになるので注意しましょう。
それにはお客様にとって操作しやすいサイト、商品を買うまでのサイト設計、サイトの コンセプト、コンセプトをお客様に伝えるライティング力です。
派手なエフェクトやたくさん画像を多用しているだけではなく文字でインパクトのあるサイト作りお客様に買ってもらえるアピールの方法などを十分注意しながら作成することが必要になってきます

Web デザインをしっかり勉強すれば大丈夫?

仕事で Web デザインをやる場合はまずお客様から仕事を受注しなければデザイナーの仕事はありません。
特にフリーランスで Web デザインをやっている方はデザイン制作だけではなく営業活動もしっかり行わないと仕事としては成り立ちません。
デザイナーはお客様にプレゼンテーションをしたり提案書を作ったりして新しい仕事を受注することが大切になります。
一度いい仕事をすると次からもお仕事をもらえる可能性が高くなるので最初のプレゼンテーションの時に出来上がりの納期や制作費用などをある程度考えながら進めることが重要になってきます。

スクールなどで学ぶなら Web 制作会社が運営しているスクールを選ぶと良いでしょう
フリーランスで仕事をする場合でも企業に就職して Web デザイナーとして仕事をする場合であっても ラインの美しさだけでは仕事になりません。
美しさや技術以外でも最近のトレンドやお客様が購入に結びつく表現方法やライティング力を胃につける必要がありますが独学ではなかなか難しいところがありますし一般的なスクールでも実務とはかけ離れてる場合があるので注意が必要です。
このような場合は Web 制作会社が運営しているスクールなどに通って実際実務に即した教育を受けることで Web デザイナーへの近道となります。

就職・転職に強いWEBCAMP PRO(ウェブキャンププロ)

フリーランスとして活動する場合においても Web 制作会社に就職して活動する場合においてもお客様の要望を満足させる Web 制作が必要になってきます。
スクールに通うことは最初はお金がかかることなのでなかなかすぐはトライできない可能性がありますが将来的に考えた場合は早く Web 制作の会社に就職して経験を積みステップアップすることが可能になりますのでスクールのお金は高いとは考えない方が良いでしょう。
Web 関係の仕事は将来的にはフリーランスでもできる仕事になります。
場所にとらわれず時間にとらわれずリゾートで仕事をしたり海外で仕事をしたり自分の好きなところで好きな時間で仕事ができて、収入も通常のサラリーマンよりも高額な報酬を得ることが可能になってきます。
初心者だからといって気後れせずにどんどんチャレンジしていってもらいたいものです。