Webデザイナーとして就職するために必要なスキルと役立つ資格

Webデザイナーになりたいと言っても全く未経験から就職活動などをしても非常に不安がつきまといます。
就職に役立つ資格または役立つスクールなどどんな資格を取ってどんなスクールに通えば非常に就職 に効果的なのかいろんな角度から調査しました。  

まず会社側の面接官の意見
実際に企業に行ってデザイナーの面接をする担当官の意見を聞いてみるとそもそも資格が必要かどうかというのはその会社の方針や面接官の考え方によるものが大きいところがあります。
資格があるからと言って必ずしも合格するとは限りませんし過去の実績やスクールの種類によってもその企業がやっていることと合っているかどうか、その企業に就職して活躍できるかどうかを面接官は見ています。
初心者の場合はデザイナーとしての仕事への熱意だとか勉強した時の様々な方法などをお面接官はよく見ているのでその辺りも注意する必要があります。 

 

未経験者にとって資格を取るメリット
実務をやったことがないのであれば新しい職種にトライするのは以上に心配なことがたくさんあります。
資格を持っていれば面接の時にこんな四国思っていると言ったことが言えるでしょうし、同じ未経験者が同時に試験を受けた場合は資格を持っている方が当然実力があるものと判断される場合が多いので 資格を取るメリットがあります。
しかしながら技術はどんどん新しくなってきていますので技術を習得できる柔軟性、新しい技術にトライする意欲など他の方とは違った意欲があることをアピールできれば面接官の好印象になります。
面接試験の時に重要なことは気後れせずに堂々と自分の意欲をアピールすることが大切ですし、デザイナーの仕事はたくさん募集されているので前向きに色々受けてみると良いかもしれません。

どんな試験を受けた方が良いのか
試験を受けるためには勉強も必要ですし当然受講料も必要になってきます。
どうせ取るならできるだけ有利に働く資格を取った方が良いでしょう。
Web クリエイター能力認定試験
Web 業界で多くの受験生が試験を受けているので知名度は抜群と言えます。
Web 制作全般的なスキルや知識が必要になる試験ですので初心者はこちらを受けて自信をつけると良いと思います。
就職に有利かどうかといえば初心者向けということもあって有利とは言えないところではあります。
そういった場合は Web クリエイター能力認定試験を行けると良いでしょう。

ウェブデザイン技能検定
こちらは国家検定で栗の検定でやるというところは非常に信頼性があります。
一級二級三級があって難易度が少し高めです。

Web デザイナー検定
ウェブデザイン技能検定よりも実務に近い形の試験のため Web デザイナー専門学校などからも支持があります。
一級二級三級の試験がありますので自分の能力に合わせて受験されることをお勧めします。

色彩検定
文科省認定の試験になりますので Web デザイナー 業務を行う上は役立つ検定となっております。

Web デザインの初心者が間違いやすい場所
Web デザイン初心者は外見とか見た目を意識することが多いと思いますが Web デザインの本当の大切さは見た目だけではなく売上や成果につながるサイト作りに必要な能力が求められます。
いかにお客様のやりたいことを形にしてあげお客様の要求を十分満たしてあげることが必要です。
そのためにはコミュニケーション能力も必要になってきますので日頃から友人などが何を考えているのか何を望んでいるのかなどを考えながら生活すると良いでしょう。

美しいウェブサイトならば優れたサイトと言えるのか?
ウェブサイトなどですごく綺麗なデザインのサイトよくいますが綺麗なだけでは訪問したお客様に商品購入なの結果に結びつけることはできません。
売れるサイトにしたり成果が出るサイトにするということが重要なポイントになるので注意しましょう。
それにはお客様にとって操作しやすいサイト、商品を買うまでのサイト設計、サイトの コンセプト、コンセプトをお客様に伝えるライティング力です。
派手なエフェクトやたくさん画像を多用しているだけではなく文字でインパクトのあるサイト作りお客様に買ってもらえるアピールの方法などを十分注意しながら作成することが必要になってきます

Web デザインをしっかり勉強すれば大丈夫?

仕事で Web デザインをやる場合はまずお客様から仕事を受注しなければデザイナーの仕事はありません。
特にフリーランスで Web デザインをやっている方はデザイン制作だけではなく営業活動もしっかり行わないと仕事としては成り立ちません。
デザイナーはお客様にプレゼンテーションをしたり提案書を作ったりして新しい仕事を受注することが大切になります。
一度いい仕事をすると次からもお仕事をもらえる可能性が高くなるので最初のプレゼンテーションの時に出来上がりの納期や制作費用などをある程度考えながら進めることが重要になってきます。

スクールなどで学ぶなら Web 制作会社が運営しているスクールを選ぶと良いでしょう
フリーランスで仕事をする場合でも企業に就職して Web デザイナーとして仕事をする場合であっても ラインの美しさだけでは仕事になりません。
美しさや技術以外でも最近のトレンドやお客様が購入に結びつく表現方法やライティング力を胃につける必要がありますが独学ではなかなか難しいところがありますし一般的なスクールでも実務とはかけ離れてる場合があるので注意が必要です。
このような場合は Web 制作会社が運営しているスクールなどに通って実際実務に即した教育を受けることで Web デザイナーへの近道となります。

就職・転職に強いWEBCAMP PRO(ウェブキャンププロ)

フリーランスとして活動する場合においても Web 制作会社に就職して活動する場合においてもお客様の要望を満足させる Web 制作が必要になってきます。
スクールに通うことは最初はお金がかかることなのでなかなかすぐはトライできない可能性がありますが将来的に考えた場合は早く Web 制作の会社に就職して経験を積みステップアップすることが可能になりますのでスクールのお金は高いとは考えない方が良いでしょう。
Web 関係の仕事は将来的にはフリーランスでもできる仕事になります。
場所にとらわれず時間にとらわれずリゾートで仕事をしたり海外で仕事をしたり自分の好きなところで好きな時間で仕事ができて、収入も通常のサラリーマンよりも高額な報酬を得ることが可能になってきます。
初心者だからといって気後れせずにどんどんチャレンジしていってもらいたいものです。