独学でも英会話初心者が上達できる勉強法

初心者は 独学から勉強始めた方が効率が良い
皆さん英語が話せるようになりたいと思っている方が多いと思いますが外国人のいる英会話教室などに行って勉強を受けてみることがあると思いますがすぐに流暢に英会話ができるわけではありません。

流暢な英会話をするためには
文法力
丹後力
スピーキング力 
リスニング力
コミュニケーション能力
が必要になってきます
実際に会話をやろうとすると頭が真っ白になり すぐに答えが出てきません
自信をつけるためにはまず独学でスキルアップをしてから英会話に進むようほうが効率がいいのです
英会話をスタートさせるのはまず何からやればいいのでしょうか
まずはリスニング力がないと英会話にはなりません
相手が何を言ってるのかわからない状態では英会話には全くなりません
どんなに文法を知っていてもどんなに単語をしていても 何を話しているかを理解するのがまず重要なことです。
よく言われるのは意味が慣れるまで聞けということです
実際にはリスニングを鍛える確実な方法は NHK のラジオ英会話を聞く、英語ニュースを聞き流し、字幕なしで映画を見る。
洋楽を聴くなども英語を聞き流す効率的な考え方だと言えます

 

リスニングを鍛えるためにはまず高度な英語だけではなく自分に合った英語を聞いた方が効率的です

難しすぎるニュース番組を毎日聞いても理解するまでには行きません
その点教育番組の英会話講座はレベルが分かれておりテキストも手頃で毎日聞くには非常に効率がいいです

最初は一冊だけテキストを選びそれを毎日繰り返すとそれを完全に覚えることができます
簡単すぎても難しすぎてもレベルアップしないので今の自分の実力の少し上らいのテキストがあると効果的です。
このテキストが完全にモノになったらさらにもう少し上のレベルのテキストを選んで学習しましょう

テキストが決まったら自分の空いてる時間をフルに使って勉強をしましょう
まずは通勤時間などにイヤホンなどで英語を聞いて覚えるようにしましょう
分からない単語は後から調べるなり検索するなどして完全に自分のものにすると良いでしょう

毎日やっていると耳がだんだん慣れてきます完璧ではないにしてもある程度意味が理解できるその意味に対して自分が答えることができるなどといった状況ができると思います、これは留学すると耳が慣れてきて会話が成立すると同じような効果があるので意味が慣れるということが重要です。

内容がどんどんレベルアップしてくると単語がわかるのに全体の文脈がわからないということが起こりますそういった場合はテキストで 確認して何度もやり直しましょう

 

耳が慣れてきたら次にはスピーキング力を鍛えましょう

イントネーションの正確さ
発音が正確か
単語が素早く出てきて発生できるか
質問に対しての答えが英語でできる文章構成力
などを鍛える必要があります

英会話には反復することが重要です
英会話にはもちろん文章構成力も必要ですが何度も何度も同じことをやることによって返事のスピードも上がってくるしいろんなバリエーションの回答ができるようになってきます

英会話のスピードアップ
本来は毎日市外国人と話すとどんどんスピードがアップしていきますがそういうわけにはいかないのが現状です
そんな場合は今はインターネットで外人と英語で話せる会社もどんどん出てきていますので安い会社を選んで英語で話すことを毎日することによって英語が身についてきます
24/7ENGLISHの評判
ある程度英会話が身についてきたら英会話教室の体験レッスンなどに行ってみましょう
現在は体験レッスンを無料でやってるところはたくさんあります
そう言うたところに出向いて行って外国の先生と英語で話すことをやってみるとどんどん英会話が上手くなっていきます

小中学生プログラミング大会

2020年に義務教育でプログラミング教育が開始される予定となっています。
もう3年後には始まるので現在は色々なプログラミング教育をあちらこちらで始めているところもあるようです。
今プログラミング大会なるものが始まっているのでそれらに参加するのもいい経験になるでしょう。
応募期間は7月1日から9月15日までです。
同時開催でプログラミング教材体験コーナーがあるのでそちらに参加しても良いでしょう。

小中学生向け
初心者大歓迎のプログラミング
応募条件は日本在住の6歳以上15歳以下の小学生中学生
一人何作品でも応募ができます
グループなどで する場合は3名以下
この大会は小中学生たちがプログラミングで考えよう表現したり競ったりする大会になります。
プログラミングで色々なものを作成する力を身につけるために開かれています。
今回のテーマはこんなのあったらいいなというものです。

2020年からのプログラミング教育必修化について
なぜプログラミング教育の必修化の話が出てきたのか
文部科学省によりますと子供たちにコンピューターで処理を行う指示を体験させるということで将来 it 関係に就職できる家からプログラミング的思考を身につけてもらうために考えられています
日本では人口減少や少子化がかなり大変な問題になってきていますが it を駆使すればある程度の問題も解決に結びつき新たな雇用も生み出せビジネスも生まれると考えられています。
先進国の中でも日本はかなり高齢化が進んでおり他の国との競争に勝つためには it の技術を自分のものにすることが重要であると考えられたからです。

経済産業省が発表した調査資料によりますと2030年には79万人の it 技術者の不足が予想されるとされています。
このような調査結果もあり子供からプログラミングの教育を義務付ける動きになってきているのです。

現在の小学校
もちろん小学校ではプログラミング教育は現在行われていません
現在は算数国語社会をはじめとした各教科で情報の整理発信収集などをコンピューターで行う基本的なスキルを身につけることを教えています

現在の中学校
中学校では技術家庭科の情報とコンピューターという授業がありインターネットを利用したり情報モラルや基礎の勉強をやっています
プログラミング教育はコンピューターを利用した簡単なプログラミング学習を行っています
これは各教師の知識の大小によってかなり差があるのが現状です

これから必須かに渡りある程度パソコンになれることも必要ですし現在色々な会社からオンラインで学べる教材などが出ていますし書店などでも簡単にできるプログラミングの本なども出版されていますのでそういうものを使用して今から慣れていくと勉強が始まってもついていきやすいでしょう

小中学生向けのプログラミング学習D-SCHOOLオンライン(ディースクール)